ブラサス攻略速報|ブラックローズサスペクツ攻略・まとめ速報

4,520Preview

スキルの種類と連携の仕方

Black Rose Suspects(ブラックローズサスペクツ)のスキルについてしているページです。
まだ始めたばかりという方の為に、よりブラサスが楽しくなるような情報をまとめました。

スキルとは?

カードにはそれぞれスキルを持っていて、それはカードによって攻撃に特化していたり、相手を状態異常にさせるものや味方のサポートに特化しているなど特色があります。
スキルはカードのグレードを上げると徐々に開放されていき、最終グレードまで解放すると全てのスキルが使えるようになります。
パッと見てスキルの内容が良く分からない、難しい…と思った方はこれから解説する内容を見ればよりブラサスが楽しくなること間違いなしです!
まずはスキルの種類から知っていきましょう。

スキルの種類

スキルの分類と属性

スキルには以下のものがあります。
カードのレアリティが高いほど使用できるスキルも増えます。
スキルレベルは限界突破を行うと全てLv1上がり、レベルが上がるとスキルの能力が総合的に上がります。
物理属性 物理的な攻撃のスキル。
スキル使用者の「物理攻撃」が高いほど大きなダメージを与えられ、「物理防御」が高いほど受ける物理ダメージが小さくなる。
物理属性のスキルは水色アイコン
Psy属性 非物理的な攻撃のスキル。
スキル使用者の「Psy攻撃」が高いほど大きなダメージを与えられ、「Psy防御」が高いほど受けるPsyダメージが小さくなる。
Psy属性のスキルは紫色アイコン
パラノーマル 強力なスキルで、いわゆる必殺技。
エナジーゲージが満タンになったら顔アイコンをタップすると発動出来る。
アクティブ 自動的に発動するスキル。
特定の順番で発動するが、何らかの条件を満たすと発動するものもある。
パッシブ 永続効果のスキル。
バトル開始から戦闘不能になるまで効果を発揮するが、何らかの条件を満たすと発動するものもある。



スキル説明にある前衛・中衛・後衛とは?

バトル中は隊列を組んで戦います。
カードによって前衛・後衛に配置されやすいなどの特性はありますが、最終的には選んだパーティー構成で自動的に設定されます。
前衛 前から2番手まで。
ほとんどの攻撃が届きやすいためダメージを受けやすい。
中衛 前から3番手。
後衛 前から4・5番手。
射撃攻撃やある種のPsy攻撃などの遠距離攻撃を受けやすい。



状態異常の種類について

状態異常系には敵や味方のステータスに特定の効果を付与できるものがあります。
これは攻撃スキルに付与しているものもありますが、状態異常を与えるだけのスキルもあります。
バフ 対象の能力を一定時間上昇させる。
使用者の「Psy攻撃」が高いほど与える効果も大きくなる。
デバフ 対象の能力を一定時間減少させる。
使用者の「Psy攻撃」が高いほど与える効果も大きくなる。
魅了 魅惑された敵は味方を敵だと認識する。
その間パラノーマルスキルは発動されず、各種のドライブスキルも連携しない。
盲目 視界が遮られ命中率と回避率が大幅に下がる。
各種のドライブスキルも連携しない。
スロウ 対象の動きが遅くなる。
行動順が遅れるほか、命中率と回避率が下がる。
スタン 行動不能になる。
その間の回避率は0になり、さらに受ける物理ダメージが50%上がる。
何らかのダメージを受けると解除される。
Dot・継続ダメージ 時間経過でダメージを受ける。
猛毒・毒・燃焼の種類があり、猛毒→毒→燃焼の順にダメージが高くなる。
使用者の「Psy攻撃」が高いほど与えるダメージも大きくなる。
また、この効果によるダメージは防御力やシールドでは軽減されない。
Psy封印 「Psy属性スキル」は全て使えなくなる。
PN パラノーマルスキルが使えなくなる。

スキル連携の仕方

スキルの中にはヒットした敵の態勢を崩して連携チャンスを作る効果を持つものがあります。
連携は◯◯トリガー◯◯ドライブというスキルが揃った時に発動します。
以下トリガーとドライブスキルを表にまとめました。
エリアルトリガー 対象を空中高くに吹き飛ばす。
エリアルドライブ エリアル状態の対象に効果を発揮する。
ダウントリガー 対象をダウンさせる。
ダウンドライブ ダウン状態の対象に効果を発揮する。
バインドトリガー 対象を一瞬金縛り状態にする。
バインドドライブ バインド状態の対象に効果を発揮する。


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

関連記事

コメント一覧(1)
  • No.
    1

    なんかたまに勝手に発動してたのは連携スキルだったのね
    スキル分かりにくかったからこういう記事助かるです!


  • コメントを書く

    コメントを残す



    ※JPEGのみ

    このページのトップヘ