ブラサス攻略速報|ブラックローズサスペクツ攻略・まとめ速報

283Preview

用語集

Black Rose Suspects(ブラックローズサスペクツ)の用語集です。
ストーリーやキャラクターについて分からないことがあればこちらを覗いてみましょう!

あ行

アース連合(The Earth Union)

WG後の2017年、国家崩壊を免れた国々の協議により発足した地球規模の統一共同体。
ネオヨーロッパ、ネオロシア、ネオアジア、ネオアフリカ、ネオアメリカ、ネオラテンの6大地区とその他のネオアナザーと呼ばれる地区に分けられ、各地区からの代表24人による最高統治機関「アース連合議会」によって運営されている。

アース連合リバティゲート支部(The Earth Union Libertygate branch office)

アース連合のリバティゲート支部。ネオアメリカ第2の規模を誇るアース連合の重要拠点。

アーマードキメラ(Armored chimera)

アンノウン研究所にてθDNAを持ったキメラとアンノウンを融合させる研究のなかで生み出された亜種キメラ。
驚異的な身体能力を持つ肉体に武器が組み込まれているため、殺傷能力が非常に高い。
生成された個体数は明確ではない。

アドミラビーチ(Admira beach)

リバティゲート市の南西に位置する海岸沿いに広がるリゾートエリア。青い海と白い砂浜が広がり、温かく透明なビーチではマリンスポーツを楽しむことができる。新鮮なシーフードを提供するレストランやお土産店も並び週末を中心に賑わいを見せている。

アルファディエヌエー(αDNA)

レッドラボにてDNA研究の際に、第1段階の動物実験で生成された新種のDNAのこと。 人類を除く生物の同類同士のDNAを掛け合わせ、各類の特性を強化し生成したもの。このDNAは、部位の能力等が変化した新生物の誕生を可能とする。

アンノウン(Unknown)

ペルゴラの前オーナー、ブルーノ・リッチが密かに収集していた武器。武器毎に、ある特定の人間のエネルギー波に対応して、アンノウン自体の殺傷能力が増幅することが記録されていた。それを持つ人間の能力に影響があるかは未確認。

アンノウン研究室(Unknown Laboratory)

イアンの祖父ブルーノ・リッチがホテル・ザ・ペルゴラの地下に作った秘密の研究室。ブルーノはここで、収集したアンノウンに秘められたパワーを研究していた。

イエロービラ放火事件(Yellow Villa arson and murder case)

2004年2月発生のシアトル郊外のホテルで起きた未解決放火殺人事件。ホテル2階が全焼し、出火した部屋に泊まっていたハンター夫妻が死亡。息子が一人生き残る。解剖の結果、2人は出火前に死亡していたことが判明。事件は未解決。

インデベンデントスタジアム(Independent stadium)

リバティゲート市の北西に位置する競技場。40年前設立されアメリカ西部のスポーツの中心であり、コンサート会場としても市民に愛されていた。WG後アース連合により建て替えられ今に至る。

ウェストリバティゲート駅(West Libertygate station)

リバティデート市の西にあるネオアメリカ鉄道の駅。リバティゲート市の貨物物流の中心的な役割を果たしている。

ウサギ男(Rabbit man)

イアンの前に時折現れる、黒服を着たウサギのこと。その姿はイアンにしか見えず、その声もイアンにしか聞こえない。ウサギ男は探偵事務所に現れ、アンノウンの秘密、連合政府とモルフォの関係、イアンの母親カレンの情報、ホテル経営の極意などをイアンにささやく。

宇宙エレベーター研究所(Space elevator research institute)

惑星などの表面から静止軌道以上まで伸びる軌道を持つエレベーター。「宇宙エレベータ」とも呼ばれる研究はWG以前からアメリカ合衆国により進められておりWG後はアース連合により引き継がれる予定だったが、連合設立の年に大規模な落雷により構築中の建物が破壊され計画は頓挫した。研究施設は閉鎖され、開発途中のエレベーターは放置されている。

SEエタニティー採掘場(SE-Etarnity Quarry)

宇宙エレベーターが大規模な落雷により破壊された後、破壊跡の直径5kmに広がる地質変化地区で発見された宇宙鉱物の採掘場。連合により立ち入り禁止地区となっている。その宇宙鉱物は「SEエタニティー」と呼ばれる未知の物質だが、採掘時に水と結合した時、巨大な爆発エネルギーを発することが分かっている。

オールギャザー教会(Allgathers church)

リバティゲート市の南の郊外に位置する1815年設立の古い教会。宗教に関わらず市民生活に溶け込み福祉や看護、教育に貢献し、市民のほとんど人がこの教会で洗礼を受けている。

オールギャザー教会修道院(Allgathers church monastery)

オールギャザー教会に付属する女子修道院。神の言葉を学びながら積極的な社会参加を行うことで知られ、その奉仕の姿勢は市民に愛されている。

オールギャザー教会保育院(The House of Allgathers church childcare)

オールギャザー教会内にある保育院。様々な事情により家庭で養育を受けることができない0歳から14歳までの子供たちが生活している。修道院のシスターが世話をしている。

か行

キメラ(Chimeric)

レッドラボにて研究された各種DNAの融合実験の中で生まれた個体のこと。実験の初期段階では知能の低い個体が生成されたが、やがて知能が高く運動能力の高い個体が発生することとなった。秘密裏に研究され、生成された個体はアース連合により収容所に隔離されていたが、リバティーゲート市に現れるようになった。その原因は不明。

キメラ収容所(Chimeric camp)

2015年のWG以降、国連による人類存続プロジェクトのDNA研究を引き継いだレッドラボにおける動物実験、人体実験で誕生した失敗作と思われる異形の生命体を収容する施設。アース連合により秘密裏に設立されたもの。

クリスタル天文台(Crystal astronomical observatory)

リバティゲート市の北の丘に位置する天文台。リバティゲート大学天文学部が所有する天文観測用の建設物および研究装置を管理する研究所である。アース連合の進める小惑星研究の中心となつている天文台である。

WG(グレイテスト・ギャップ)(WG(Greatest Gap))

「ブラックチャイナ」と呼ばれる、2015年12月19日の中国株の大暴落から始まった世界恐慌のこと。 通称「WG(ダブルジー)」。WGは、各国の債務危機の負の連鎖を生み、世界の経済を一気に破綻に追い込み、その結果、多くの国家は崩壊に追い込まれた。

クワイエットリバー(Quiet river)

サウスレイクを中心にリバティゲート市を横断する川。河口までの全長45 kmにわたる。市の主な水源であり、ブラックバス、ブルーギル、ニジマスや川エビ、さらにはキングサーモンなど、水のきれいな清流にしか棲まない魚が生息している。

ゴッドディーエヌエー(God DNA)

レッドラボにて現在研究中の、DNA研究第4段階の人体実験で生成しようとしている新種のDNAのこと。 レッドラボDNA研究の第3段階で生成されたθDNAを、人類のDNAに組み込むことで完全なるDNAとして生成しようとするもので、驚異的な知能、驚異的な運動能力をもつ個体の発生を目指している。

さ行

サウスレイク(South lake)

クワイエットリバーの中ほどに位置する淡水湖。最大水深は70mあり深く澄んだ美しい湖面の景観と周囲8kmに点在する湖畔の散歩道は市民の憩いの場所として愛されている。

シータディーエヌエー(ΘDNA)

レッドラボにてDNA研究の際に、第3段階の人体実験で生成された新種のDNAのこと。 レッドラボDNA研究の第2段階で生成されたβDNAを組み込み生成したもの。このDNAにより身体的特徴を残さず、機能が特化した新生物の誕生を目論んでいたが、表面上の変化が著しく異様で、モンスター化したものが誕生した。

た行

ダウンタウン(downtown)

リバティゲート市の中心的なオフィス地区で、高層ビルが立ち並んでいる。かつてはインディアンの定住地として栄え、100年の歴史を誇る「クリスタル時計台」が今も残されている。

な行

ネオアメリカ鉄道(Neo-American railroad)

ネオアメリカの鉄道会社。WG以前は20社ほどあった私鉄をアース連合が統一管理して設立した。リバティゲート市のあるネオアメリカ西地区はアロー(ARROW)鉄道を引き継ぐ形で運用されている。

ネオロス警察リバティゲート分署(Neo Los Angeles local police department Liberty Gate branch office)

ネオロス警察は、ネオロスアンゼルス州ネオロスアンゼルス市に本部を持つ自治体警察。警察官約3万8千人を擁し、西ネオアメリカで最大の警察である。リバティゲート分署はリバティゲート市の治安を守るためにアース連合の航空隊、港湾隊、高速道路隊と連動して活動する組織。

は行

ビッグアビリティ(Big Ability)

WG以前に存在したアメリカ政府の極秘研究機関。ブルーノの一族は長年、ビッグアビリティに資金提供をしていたスポンサーであった。若きブルーノはこの機関に所属し、特殊能力の開発研究を行っていたが、研究半ば、父の死により事業を継ぐために機関を離れることになった。

フォレスト動物園(Forest Zoo)

リバティゲート市唯一の動物園。設立は1914年にさかのぼる。市の北に位置し、38エーカーの敷地内に、ライオン、ゾウ、キリンなどの哺乳類の飼育のほか、トカゲや蛇などの爬虫類のコレクションで有名。

ブラックローズ事件(BlackRose murder case)

2020年12月24日深夜、リバティゲート市で発生した未解決連続殺人事件。被害者はレッドラボ研究員のユキオ・アオキ、ダニエル・ケインそして遺伝子システム開発に協力していたホワイト製薬社長ヘンリー・ホワイトの3人。 殺傷能力の高い凶器(未確定)で殺害され、被害者には事件前夜黒い薔薇の花と殺人予告手紙が送られていた。ヘンリー・ホワイトの殺害現場はホテル・ザ・ペルゴラ。

ベータディーエヌエー(βDNA)

レッドラボにてDNA研究の際に、第2段階の動物実験で生成された新種のDNAのこと。 人類を除く生物の別類同士に、DNA研究の第1段階で生成されたαDNAを組み込み生成したもの。各類ごとの身体的特徴をそのままにして結合された特徴をもつ新生物の誕生を可能とする。

ホテル・ザ・ペルゴラ(Hotel The Pergola)

若くして巨万の富を築いた資産家ブルーノ・リッチが40歳の時に創業した、リバティゲートの海辺に立つ老舗リゾートホテル。21世紀の世界恐慌WGの荒波を乗り越え営業を続け、現在に至る。80歳にて逝去したブルーノの終の棲家でもあった。

ホテル・ザ・ペルゴラ地下駐車場(Hotel The Pergola Underground Parking)

ホテル・ザ・ペルゴラの宿泊客用に準備されているホテル地下の駐車場。180台収容。駐車場管理室には管理責任者が常駐。駐車場奥にはホテル・ザ・ペルゴラ専属探偵の「イアン・ハンター事務所」がある。

ポラリスブリッジ(Polaris bridge)

リバティゲート市の南を東西流れるクワイエットリバーに架かる橋。空港やゴルフ場が位置するサウスエリアと官公庁や大学のあるウェストエリアを繋ぐ橋。市で一番古い橋。願い事を唱えながら渡ると人生に1回だけ願いが叶うと言われている。

ま行

モリス植物園(Morris botanical garden)

リバティゲート市の西に位置する市立植物園。美しい温室ドームがあり、ネオアメリカでも一番のサボテンを含む多肉の植物のコレクションで有名。春に行われるスプリング・コンサートやクリスマスに園内の日本庭園で行われるをライトアップショーなどのイベントは開園から30年、市民に愛され続けている。

モルフォ(Morpho)

国際的規模で暗躍するギャング集団。あらゆる犯罪に関与する不法投棄などで暗躍する一方、合法的なビジネスを展開したりしている。当初は行き過ぎた連合の遺伝子政策にも加担していて、キメラの発生も自分たちの利益にしようとしていたが、連合との確執、裏切りかに、連合との闇と戦う存在へと変貌していく。

ら行

リバティアイランド(Liberty island)

リバティゲート市の西方沖に位置する無人島。アメリカ開拓時代には監獄として使われていたことがある。連絡船も無くこの島に近付く市民はいない。

リバティウォーク(Liberty walk)

リバティゲート市のアドミラピーチから市の中央に向かって4kmに及ぶショッピング街。有名ブティックやレストランが立ち並び、地元の人や観光客で、賑わいを見せている。

リバティゲート駅(Liberty Gate station)

リバティデート市の中央にあるネオアメリカ鉄道の駅。リバティゲート市の表玄関とも言うべきターミナル駅で、設立から130年を誇る歴史ある駅である。

リバティゲート空港(Liberty Gate airport)

リバティゲート市の東南に位置する市唯一の空港。国内、国際線の乗りこむ国際空港。ネオアメリカの中で4番目に旅客数の多い空港となっている。

リバティゲート裁判所(Liberty Gate court)

リバティゲート裁判所は、リバティゲート市あるネオアメリカの地方裁判所の一つ。同市を管轄する。

リバティゲートセントラル消防署(Liberty Gate central fire department)

リバティゲート市消防局により管理されている市の中央に位置する消防署。1900年に建築された建物は歴史的構造物として市の文化財指定されている。

リバティゲート大学(Liberty Gate university)

リバティゲート大学は、ネオアメリカ有数の研究型私立総合大学である。ネオアメリカ指折りのエリート名門校の1つとされ数多くの有名政治家や研究者を輩出している。学生寮やメモリアルホール、図書館やラボなどを有するキャンパスは緑あふれる学園エリアを形成している。

リバティゲート美術館(Liberty Gate Museum)

リバティゲート美術館は、1880年に地元の有志によって設立された。資金ゼロ、地元出身の画家のコレクションからスタートし、現在では古今東西問わずあらゆる時代、地域、文明、技法による作品を収集している。

レイジング(Raging)

遺伝子にレイジング因子を持ち、謎の生命体キメラと戦う戦闘能力を持つ一部の人間たちのこと。 彼らはアンノウンとの適合率が高く、アンノウンを武器にしてキメラと戦うことができる。レイジング因子はWG後にレッドラボによって、発見確認されているが、その詳細、発生原因は解明されていない。

レッドシステム(Red System)

2017年リバティゲート大学のレッド教授によって開発された遺伝子分析システム。「男女」「病気因子の有無」「頭脳レベル」「戦闘能力の有無」が分析可能で同時に遺伝子レベルの優秀性を4段階に識別する。アース連合に採用され国家的人材活用の為の実践が行われている。


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



※JPEGのみ

このページのトップヘ